質を良くする

古びた家具

オイルステインが注目されています。

DIYにおける塗装はコツが要る作業のため、初心者には難しい面があります。しかし、最近注目を集めている塗装材にオイルステインというものがあります。オイルステインは、DIY初心者でも簡単に塗装できるため、需要が高まっています。 オイルステインには、他の塗装材に比べて材料への浸透度が高いという特長があります。言い換えると、塗装材と材料が馴染みやすいということになります。 浸透度が高いと材料との間に摩擦が生じにくいため、刷毛を滑らかに動かせるのです。さらに、材料に浸透してから乾くまでが速いため、刷毛の跡が残りにくいという良さもあります。そのため塗り斑もできにくく、DIY初心者でも簡単にきれいに仕上げることができるのです。

ホームセンターなどで販売されています。

DIYに必要不可欠とされるオイルステインは多くの場合、大型の缶に入れられて販売されています。そのため、作業するときには使用する分だけを小型の缶などに移しておくと便利です。 材料に塗る道具は、他の塗装材と同様に刷毛を使って問題ありません。先述のように、刷毛の跡が残る心配はないので気軽に塗装していきましょう。 一通り塗装し終わったら、全体が乾燥するを待ってから仕上がりを確認します。仕上がりに納得がいったら、最後はニスを塗って表面を被覆します。ニスを塗ることで塗装面にツヤが出て見た目が良くなりますし、劣化を遅らせることにもつながります。